2009年 (第50回) 北陸大会 中学Aの部


開催記録

職場部門と一般部門が統合され、職場・一般部門となった。それにともない、北陸支部からの職場・一般部門の全国大会推薦団体数が1団体から2団体となった。また、全日本吹奏楽コンクールにおける高等学校A部門の出場人数が55人に増加。職場・一般部門は65名と規定され、北陸吹奏楽コンクール実施規定も準じて改定を行った。(改定前は高等学校A部門50名、職場部門55名、一般部門80名)
今年度より北陸吹奏楽コンクールが3日間開催となり、中・高B部門の出場枠数が増加。各県の代表団体数の基礎数(各県の出場団体10団体までの代表団体数)が1団体増加となり、「出場団体10団体まで代表団体数が2団体、以降10団体増ごとに1団体増」となった。(今年度、富山県吹奏楽コンクール高等学校B部門の出場団体数は19団体であったため、代表数は3団体。中学校B部門の出場団体数は46団体であったため、代表数は6団体)

日時:
会場:
()

出場団体と成績

賞による絞り込み:

課題曲による絞り込み:

都道府県による絞り込み:

団体名
課題曲/自由曲